ビジネス 英語 〜外資系企業で働く人の体験談〜 > > 3.表情・ジェスチャーを活用しよう

3.表情・ジェスチャーを活用しよう

16.gif
表情・ジェスチャーといったボディーランゲージはコトバ以上に意思を伝える力があります。悲しいときは悲しい表情、不快なときは不快な表情をしましょう。下手にコトバで伝えようとするより、よほど有効です。
ただし、ジェスチャーに関しては、同じジェスチャーでも、日本人が捉えている意味と全く違うニュアンスで使われているものもありますので、ここは勉強して知識を身に付けておきましょう。