ビジネス 英語 〜外資系企業で働く人の体験談〜 > ビジネス英会話を実践するうえで必要な瞬発力を磨く方法

ビジネス英会話を実践するうえで必要な瞬発力を磨く方法

ビジネス英会話を実践するうえで必要な瞬発力を磨く方法

ビジネスシーンで外国人と適切にコミュニケーションを取るには、ただ英語を理解出来るだけではダメです。相手の言葉を瞬時に理解して、その場で発言する瞬発力が必要です。これが出来て初めてビジネス英会話の能力があると言えます。ビジネス英語の能力

 

当たり前の話ですが、コミュニケーションは言葉のキャッチボールです。極端な例ですが、相手が口にした内容を、いちいち辞書を引きながら確認する、自分が伝えたいことを英語ではどういえばいいのか、頭のなかで考えてまとめて話すといったことをしていたら、まどろっこしくて会話になりません。

 

これではビジネス英語が出来るとは言えません。スピードがあってこその英会話です。

 

では、瞬時に応答出来る能力を身につけるには、どうすればいいのでしょうか?

 

ビジネス英語に関する知識を増やすこと

まずは当たり前のことなのですが、知識量を増やすということです。英単語・熟語・フレーズ等、様々な表現を身につけることです。自分が知らないことを聞いても理解できなければ、話すことも出来ません。

 

なんだかんだ言って、英語は知識の量で決まります。地道に知識を増やすことを心がけましょう。コツとしては英単語や熟語を単体で丸暗記をするのではなく、フレーズという表現のなかで覚えることです。

 

『こんな時には、英語ではこんなふうに言う』というふうに、口にする場面を想定しながら覚えると記憶しやすいです。

 

また、覚えるときには口に出す音読が一番です。プラス、書くことも合わせて実行すれば完璧です。口に出して書くという動作をつけることがポイントです。

 

英語を英語のまま理解する能力を磨く

もう一つ重要なことは、英語を日本語に訳さずに、そのまま理解する能力を磨くことです。いわゆる英語脳というものですが、英語を使う時には、日本語をかえさずに英語で考えられるようになるのが理想です。

 

日本語で考えているうちは、頭のなかで英語を日本語に変換するという余計なプロセスがかかるので、どうしてもスピードは上がりません。

 

英語で考える力を磨くには、クイックレスポンスという英語ですぐに応答するという学習法がオススメです。

 

クイックレスポンスには、二つのやりかたがあります。

 

一つ目は『明日は何曜日?』、『あなたの出身地は?』、『信号で止まれの色は?』、『クリスマスはいつ?』といった簡単なクイズを英語で出して、その質問に反射的に答えるといったやりかたです。

 

もう一つは、『This is a pen.』を『Is this a pen?』と疑問形にしたり、『This isn’t a pen.』と否定形にしたりといったふうに、指示通りに主語や目的語を変えて、文法的に言い換えを行うといったやりかたです。

 

どちらも、それほど考えなくても出来ることなので、何度も繰り返していけば、英語が即座に口から出るようになってきますが、そうやっているうちに、だんだん英語で考えられるようになってきます。

 

これは試してみるとわかりますが、かなり効果的です。

 

クイックレスポンスを独学で行う方法

基本的に、クイックレスポンスは出題者と回答者の二人一組で行う学習法ですが、市販の書籍を利用すれば、独学でも可能です。

 

オススメなのが『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』です。付属CDを利用すれば、一瞬で答えなければいけないという緊張感を味わいながら勉強することが出来ます。

 

この本はシリーズ化されていて、数冊が出版されているので、学習ボリュームも十分です。

 

また、ある程度お金を使っていいというのであれば、You can speakという英会話教材を利用することをオススメします。

 

You can speakはパソコンソフトですが、出題者代わりになって、パソコンの画面に次から次へと問題を表示してくれます。それに回答していくことになりますが、制限時間を1〜7秒の間で、2秒単位で設定することが出来るので、自分のレベルに合わせて練習することが出来ます。

 

収録問題数も豊富なので、こちらも学習ボリュームは十分です。

 

英会話教材なので、お金は張りますが、学習効果は高いです。一度、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』をやってみて、そのあと、you can speakを試してみると、違いを実感出来ると思います。

 

私も利用したことがあるので、こちらのサイト のほうで、感想をまとめています。よろしければ参考にしてみてください。

 

ただし、書籍でも十分勉強になるという人も多いと思います。you can speakの体験版を試して、違いを確認したうえで、購入するかどうか決めるといいです。