ビジネス 英語 〜外資系企業で働く人の体験談〜 > コラム > アメリカ企業で働きたい人向けの裏技キャリアルート

コラム

アメリカ企業で働きたい人向けの裏技キャリアルート

外資系企業で働きたい、でもなかなか採用されない。こんな人に可能性の一つとして頭に入れておいて頂きたい裏技的なキャリアルートが一つあります。

 

それは米軍経由というルートです。

 

『米軍? 軍隊??』と思われたかもしれません。何をバカなことを言っているのとも感じたかもしれませんが、これは多くの人が抱く気持ちでしょう。

 

だからこそ穴場です。決して、これは冗談ではなく、米軍で働くということがキャリアアップになる可能性は十分にあります。

 

アメリカにおける米軍の地位は高い

日本と違い、アメリカでは軍隊の地位は高く、尊敬されている仕事でもあります。そのため、米軍勤務というのは、立派なキャリアになり、実際優秀な人材は民間企業からスカウトされることが珍しくありません。

 

ここで確認ですが、米軍といっても兵隊になるということではありません。軍隊にも一般職が存在します。事務系の仕事、IT関係の仕事、工業技術系の仕事、研究職などですが、在日米軍基地で、こういった仕事に関して日本人を募集していることは珍しくありません。

 

正確には、米軍と直接、雇用契約を結ぶよりも、エルモという在日米軍の日本人雇用を請け負っている独立行政法人で雇われるというケースが大半ですが、米軍で働くということには変わりがありません。

 

このあたりのことは、下記ページをチェックしてみてください。

米軍基地で働く! 基本情報ページ

 

米系の企業に対してであれば、米軍基地勤務というのはPR材料となるので、ステップアップのチャンスとなります。米軍と関わりの深い企業からツテでオファーを受けるといった可能性も十分にあります。

 

アメリカ本国で働きたいという人にもチャンス

もちろん、これは日本にある米系企業だけの話ではなく、アメリカ本国の企業に関しても同じことが言えます。

 

米軍基地で働くことが、アメリカで働くキッカケになる可能性もあるということです。アメリカの現地企業の求人に応募した時の反応が確実に違うはずです。

 

普通、日本人がアメリカの企業に採用されて、現地で働くというのは、よほど優秀な人材でなければ無理ですが、米軍ルートであれば、多少は間口が広がります。

 

もちろん、どこの国でも外国人が働く場合には、就労ビザが必要であり、よっぽど高度な専門技能を持っている人でなければ、取得することは無理です。

 

米軍基地で働いているといっても、それがウェイターや警備員などでは、さすがに就労ビザを取得して、アメリカで働くなんてことは無理です。

 

あくまでもビジネスマンとして優秀な能力を持つ人にとっての話になりますが、そうはいっても、そういった人は普通、米軍基地で働くなんて発想は持たないので、そういった意味で穴場と言えます。

 

スキルがある人は、一度本気で可能性を探ってみてもいいと思います。